続ける事に意義がある・・・3

 

さて、ピアノを上達させるための条件であるが・・・ここに箇条書きをしよう!

 

1.まずは・・・女性である事!(なんでまた?笑)

2.とっとと寿退社してパート勤務になる事(これ、会社の社長が人件費対策で言ったら即刻セクハラで裁判だわな)

3.どうしても会社員ならば、毎日いかに仕事をさぼって早く帰宅するかに全神経を注ぐ事!

4.最後に・・・いつかはグランドピアノを手に入れる事。

 

 

まずは・・・女性である事!

・・・そうです!男はダメなんです(笑)

そう、男は結婚して、家庭のために朝から晩まで通勤電車に揺られて過酷に仕事をしなければなりません。

そんなピアノなんて・・・やっちゃいけません!。

体力,知力のすべては家族のために金を稼ぐ事に使うべきなのです。

ただし・・・独身とか、家庭を顧みない夫ならば・・・オッケーです!!。

そう、最後は家庭とピアノとどっちを取るかなんて……

・・・決まってるじゃないですか。当たり前の事を聞かないで下さい。

というわけで・・・。

男性がピアノを極めるのはお勧めしません。

そう、つまりは女性に生まれてきたこと自体がもう、これは優遇されているのです。

世の中、女性が社会に進出できないとか、家庭にこもるべきだとか、家の事だけやってれば良いんだとかを言われて、差別だのなんだの、いう人がいますが・・・。

いいじゃないですか!。

黙ってその差別を甘んじて受け入れて、ゆっくり家でピアノを練習すれば良いじゃないですか!。

何でまた大変な会社という世界に首を突っ込むかなあ?

やりがいが欲しいんだったら、仕事じゃなくてピアノをやれば良い。

せっかく女性として生まれてきたんです。ここは一つ、仕事をやってもパート。仕方なく社員をやらなければならないとしても、なるべく5時上がりの楽な仕事をしましょう。

いかに一日においてピアノを弾くエネルギーを残せるかなんです。

このことだけに女性は頭を働かせた方がいい。

もちろん、結婚してからは育児や、学校のPTAなどで,忙しいかもしれません。

でも育児も小学校に上がれば大分楽になるし、どうにか役員の仕事も何がなんでも逃げまくって家でピアノの練習のみやっていれば良いんです。

いいんです、仕事は夫の役目です。

世の中、賢く生きた人間の勝ちです。

子育ても大事だけど、自分の世界が無くなったら必ず悲しい世界になりますよ。

家族のための人生もいいけど、・・・いいじゃないですか。自分のための空間があっても。

そう、そのためにも・・・。

やっぱりピアノが上達するためにも、中古でもいいから、いつかはグランドピアノを手に入れましょう。

でも、パート勤務でグランドは確かになあ・・・。

でもそれまではアップライトピアノでも良いから練習です。

でも・・・グランドピアノとアップライトピアノの差は歴然です。

難しい曲に挑戦すればするほど、誰でもグランドピアノは欲しくなるものです。

もちろん、外国製のアップライトにはかなり性能がいいピアノもあります。

でも

いつかは・・・・。

そうやってピアノを続けていく事に意義がある。

なんの収入になる仕事でもなければ、社会に貢献する訳でもない。

家庭じゃピアノは邪魔者扱いで騒音の元。

でもいいじゃないですか。

何度も言いますが、自分のための時間と空間があっても。

私はこれでやっていきますよ。

もちろん仕事も一生懸命やりますが、自分の世界はそれとは別です。

ピアノの先生も、まあ仕事は一生懸命やるのはいいけど、自分の事も考えた方が良い。

私は昔は生徒優先でしたが……。でもそれをやっていたがために、今この歳で海外に勉強に行くはめになっている。

一見生徒より自分を優先する事は御法度の様に見えるけど・・・。

そうじゃない。

結局は自分のレベルが下がって誰も教えられなくなる。

世の中、きれいごとだけじゃ済まない世界がある。

そう思って…明日も続けましょう!。

何がなんでも続ける事に意義がある。

 

 

2015.4.6

村田ピアノ音楽院

since1996

MENU