村田ピアノ音楽院

since1996

MENU

ショパコン一気に盛り下がる(笑)

 

朝一にガバッときて、パソコンスイッチをつけて•••。

興奮冷めやらぬ状態でガバッとパソコンにかじりつき•••

テンションマックスで怪しい黒いサイトの画面を見りゃ•••

•••まじか!•••

もう、はちきれんばかりの爆発寸前の興奮は何処へやらで•••

いやこれは参りました。

日本中、ピアノファンがおそらく期待していたことでしょう。

結果次第では日本中が賛否両論で論争が起きるかと思いきや•••。

なんですかあれ?

気が抜けてしまいました。

もちろん、韓国ではフィーバーなんでしょうが。

私自身はKate Liu (United States)が最も気に入ったのですが•••。

まあこれがコンクールなんでしょう。

ピアノ教育界の落胆もかなりのものでしょう。

さあ!これからコンクールブームが始まると。

彼女に続いて次にショパコンで優勝する生徒はうちの教室から出すわよ!なんてね。

たとえばCSシリーズ決勝で用意していた弁当、ビール、おつまみ、•••全て雨天中止で廃棄処分みたいな。

取らぬ狸の皮算用。

 

正直今回は1位、2位はノーマークでした。

しかし、私自身は圧倒的に気にいっていたKate Liu (United States)でさえ3位という内容に、もうコンクールで1位をとってピアニストとしてデビューするのは難しい時代になったのではと思いました。

事実、このコンクールで賞をもらえずとも脚光を浴びた人は大勢いるはずです。

ショパコンはインターネット配信なのでそういう面では非常にいいことです。

さて、我が日本人ですが•••。

まあどうこう言ったところで、最後まで残ることは並大抵ではありません。

運が左右するコンクールといえども、最後の曲まで立派に弾くことは生易しいことではない。

そういう面では最大の賛美を惜しみません。

本当によく頑張ったと思います。

お疲れ様。

彼女の今までの努力が何がしかの内容で報われることを期待します。

というより彼女はもうプロとしてやっていけるでしょうし、やっていくべきでしょう。

彼女はなんだかんだ言っても実力は一人前。

最終的にはこの商売は人気商売。

賞如何より、売れるか売れないか。

興味をそそるか、ないか。

 

いやあしかし、1位がポーランド人でなくてよかった(笑)

そうなると、来年からX講座は日本人で溢れかえって、私は参加できなかったでしょう(笑)

落ち着いたら、いろいろとまた意外にうまい人のyoutube特集をしたいと思います。

まあどこまでchopin協会がyoutubeを残すかわからないのですが。

 

 

 

 

 

2015.10.21