村田ピアノ音楽院

since1996

MENU

晴練雪練+今旬のお話

 

冬というのは全くもって寒いがために何もやる気が失せてしまう。

あまり表へ遊びに行く気がしない。

そりゃあ、ウィンタースポーツというものもあるんでしょうが、あたしゃそれにはあまり興味がない。

もっとも若い頃はスキーとか出かけてはいたんですが•••。

昔、長野県に転勤になった友人が「スキーでもやろうよ。かわいい後輩OLも呼ぶからさ」と誘ってくれたので遊びに行ったんだが、まあ何たって長野県出身の人はどいつもこいつもスキーが得意だ。

かわいい会社のOLのくせして、滑りは1級だった。

「クソー、なんでこんなかわいい子にスキーで負けるんだ?メンツまっ潰れやないか」ということでその子の前でかっこつけて無理してスピードを出して滑ったところ、派手に転んでしまい、そのかわいい子が華麗にすぐに滑ってきて「大丈夫ですかぁ?」と手を差し出されて助けてもらった記憶がある。

もう一つ、あれは確か北海道にスキーに旅行に出かけた時だった。

やっぱり友人の可愛い子がいきなり上級コースに滑りに行くというので「それは危ない!私が同伴してあげよう!」と一緒に上級コースに行ったところ、私の方がにっちもさっちもいかなくなって、スキー板を担いで歩いて降りてくるという、わけのわからんことをしたことを覚えている。

ちなみに上級コースというのはスキーで降りると恐怖の一言だが、徒歩で降りると何てことはない、ただのハイキングでしかない。

なので同じムジナに遭遇した、かっこつけたがる人間は是非!スキー板を担いで降りることを勧める。

ああ、しかし俺にスキーは向かない。

あの時に気がついてスキーは諦めてピアノだけに専念すればよかったんだが•••。

まあとりあえず、現在は冬はおとなしく、ピアノに向かう絶好のシーズンオフと考えている。

そうでなくても、とにかく表に遊びに行く気が起きないんだから、一日中暖房の効いた部屋でピアノを家で弾いている方がいい。

晴れた日には練習をして、雪の日にも練習をして•••。

私は欲張りだから、この家に閉じこもりがちな時がチャンスとばかりに派手に6曲も新曲を練習しているんだが、いやこれはまた今回のプレッシャー大会のように全曲共倒れにならないかと心配をよそに、ついこの間、雪が降ってレッスンがかなりキャンセルになったので、ここぞとばかりに6時間もピアノを練習したところ、翌日、なぜか腕や肩の筋肉がかなり痛い。

あちゃー!練習のしすぎにしちゃあ、俺もテクニックがまだまだ未熟だから筋肉痛になっちまったのか?

重量奏法だったら筋肉痛になるはずじゃなかったのになあ。

これじゃ俺はまだまだ修行が足りないな•••

•••と思いきや•••

ん?それにしちゃ、なぜか手のひらにタコがいっぱいできてんな。

ピアノの練習で手のひらにタコってできんだっけか?

•••と、よくよく考えてみたら•••

雪かきで全身筋肉痛のようでした( ;´Д`)

んー今度は雪かきにおいての重量操法を考えなくてはならないな(ー ー;)

 

さて、話は変わって最近騒がせているSMAPの話。

私も昔こういう話があっただけに親近感があるんですが、最近のこのグループの解散騒動は一旦生放送での謝罪会見で終わりとなった。

その後、なんでもBPO騒ぎになっているとかいう話らしいのですが、ここは一つ、私からのご意見番。

そもそも、そんな騒動を起こすんだったら、解散、独立なんか考えなきゃよかったのになあと。

所詮、芸能人であっても、雇われの身であることは間違いない。

業界には業界のしきたり、掟というのはあるだろうし、それを破って表に出て行くことはそれなりの覚悟とマイナスがあるのは当然なんじゃないかなと。

もちろん、そういう古いしきたり、掟というのは、この時代にはマッチしていない。

ブラックという言葉は最近、出始めたことだけれども、そんな存在、とうの昔からあっただろうし今後も、玄人業界では消えるわけがない。

所詮、この世は毒を持って何とやらじゃないけど、ブラックな要素を消すことなんてできない。

ブラックな面はいらないこともあれば、必要悪なこともあるのだ。

そう思いながら世渡りをしないと、締め出されるのは当然。

私はもちろん、芸能関係はまったく詳しくない。

でもどこの業界だってブラックな面はいくらでもあるはず。

今回非常にまずかったのは、まるで「後悔しました」とばかりに元の鞘に戻りたがっている面だ。

世の中、後悔しても元の鞘に戻れないことは山ほどある。

人間そうやって、その時に痛恨の思いをしながら、進んでいくのだ。

悔やんでも元に戻れないことは多い。

そういうことがあるから、過去の栄光とか、繁栄を懐かしく、古き良き思い出と思える時が来るもんだ。

一方で、一旦やっちまったら、出ちまったんだったら、そのまま突き進んでいかなければいけないことは山ほどある。

それをオメオメと•••と、私には見えてしまう。

本当に現在の生放送謝罪のような状況になってしまった後で、いい結果に結びつくんだろうかと。

もちろん、今回完全に続行が決まったわけじゃないんだろう。

空中分解はまだあるのかもしれない。

どっちがいいのかは私にはわからない。

しかし•••。

一つの社会、会社、グループには厳しい掟があって当然。

加えて、誰がその集団のリーダー・長をやっても憎まれるのは当たり前なこと。

加えて、そのリーダーの今までの地道な苦労による積み上げの業績なんていうのは下々の連中にはおそらく理解できずにケチをつけることはいくらでもあるんだろう。

どんな世界でも、積み上げてきた業績なんていうのは、当人でしかわからないし、できないことも多い。

それにケチをつけたければ、自分でそれを開拓もくは真似をしてみればいい。

その時に、先人がやってきた業績の偉大さに気がつくものだ。

これは私がいる世界でも同じことだろう。

まあ、詳しくは述べないが( ;´Д`)

 

 

2016.1.20