村田ピアノ音楽院

since1996

MENU

事件とマスコミと世論

 

しばらくブログを書かないもんで、何やっているのかなと思われてしまったかもしれませんが、薬物にも手を出さずに忙しくピアノの練習に勤しんでおります。

書きたいことはいつも山ほどあり、頭の中で原稿は出来ておるのですが、とにかくピアノの練習に忙しい。

というのも現在、テクニックの改良と再構築、それと新しいテクニック講座のコーナーを模索している最中でして•••。

そもそもの始まりは現在練習しているカルメン。

色々とテクニックにおいての研究材料にはうってつけでした。

ちょっとわからない言い方かもしれませんが究極の重量奏法は「かかし奏法」です( ;´Д`)。

なんか名前がダサい。

だったら「一本足打奏法」

あ、でもこれ、知っている人は昭和人間なんで、これもなあ( ;´Д`)。

どちらにしても究極に難しい曲の時は「かかし」もしくは「一本足」になるんです。

そうすると、弾けるようになる。

まあ単純に一本の指だけで立つんです。

あとの指はかかしのようにするだけ。

体もかかし状態。

2本の足でバットを振る訳じゃなく。

わっかるかなあ。わかんねんだろうな。

•••まあ、それはおいおい報告、もしくは作成していきます。

 

さて、今日は旬の危ない話題。

ベッキーに甘利大臣。清原選手。

いや非常にタブーな話題ばかり( ;´Д`)。

しかし、世の中の動向とは裏腹に私はいつも別のことを考えてしまう。

ベッキーの問題なんてそもそも、なんでも人気ボーカルが相手の夫人に愛想が尽きて離婚するのを前提に、ベッキーに実家の両親に正月に会わせたが、夫人が離婚のハンをなかなか押さなくて騒動が大きくなった、という報道があった。

もしそれが本当だったら、なんか騒ぎすぎなんじゃないかと。

まあそうは言っても事実的には不倫は不倫なんでしょう。

でもなあ•••。

そう来るんだったら•••。

非嫡出子相続問題。

これ、知らない人はちょっとググればわかると思いますが、初めて最高裁が、言ってみれば「不倫はな〜んも悪いことではないんです。どんどんやりましょう!」と認定したような判決だった。

もしくは離婚後300日以内に生まれた子供の親権は元夫になるという法律に対する裁判。

夫のDVにより妻が逃げ出して、たどり着いた先で知り合った内縁の夫との間にもうけた子供は残念ながら離婚しても元夫に親権が移るという法律に抗議して裁判を起こす例は多い。

これはまだ判例は覆ってはいないけれども、そもそもこれって「不倫して何が悪い?」ということを審議する裁判でしかない。

しかも世間はこういう事案を後押しする傾向にある。

もちろんあたしゃ不倫を肯定する気はないですよ( ;´Д`)。

でも世の中とか、マスコミってなんか一方的な見方をしてそれ以外の意見は排除する傾向にあるけど、実際こういう矛盾したことがしょっちゅうあることに気がついているんだろうか?

 

次にワイロ問題。

甘利大臣がワイロをもらったっていうけど、そもそも政治献金なんて表向きの公表されたワイロなんじゃないかと。

献金をする側はなにがしかの思いがあるだろうし、受け取る側だってなにがしかの気遣いをせずにはいられない。

会社名、個人名は公表されているけど、結局はなにがしかの見返りはあるんじゃないかなあ。

もちろん、ワイロはいけないとは思いますよ。

でもなあ•••。

甘利大臣にしても、田中元首相にしても、それから昔あったバイオリンのワイロ事件(かなり昔ですが)にしても、実力のある人にはなにがしかの埃は多少あるもの。

何もないって人は逆に政治的手腕がないから、だれもワイロを贈らないんじゃないかね?

実力のない私がそういうんだから事実でしょう( ;´Д`)。

まあ業界ではワイロと言わずに「謝礼」というんでしょうが•••。

あ、でも私は決してワイロを認定する気はないですよ。

こんなとこで私が叩かれても困るんでね( ;´Д`)。

そういえば•••。

昔、自分の親が某国公立大学病院で手術をする時、私が執刀医に「よろしくお願いいたします」と•••ある茶封筒を差し出したことがある。

「是非、先生の研究費の足しにしていただければと•••」

と言ったところ、

先生「いや、それは•••まずいですよ。受け取れません」

というかと思いきや•••。

「ありがとうございます」

と•••素直に茶封筒を内ポケットに( ´ ▽ ` )ノ。

その瞬間をのがさずに茶封筒を内ポケットに入れる瞬間を影で弟に頼んでカメラで「カシャ!」•••と。

おまけに私はICレコーダを自分のポケットに隠し持ってすべて録音を•••。

なんてこと普通するかね?( ;´Д`)。

親の生死が関わっている手術に「死んだらこれを元に先生を訴えてやる!」なんて事前に考えて用意周到に準備するかね?

まあ考えてみれば私のやったことは完全な「ワイロ」みたいなものだったかもしれない。

世間では「謝礼」と言ってごまかすかもしれないけど、何度も言うが生死が関わっている時に、この有名な先生にすがるしかないという瀬戸際である。

結果がどうとかじゃなくて、倫理観がどうとかじゃなくて、理屈抜きで•••。

むしろ手術が成功したら持って行きたがる人は多いだろう。

そういう世界はどこの世界でもある。

いや何度も言いますが私はワイロを認めるわけじゃないですよ。

謝礼も認めませんよ(笑)

もらえない実力のない私が、ひがまずに言うんですからなんですが(笑)、世の中そう言っておかないと責められるわけですよ( ;´Д`)

 

 

そして次は•••。
そう、清原選手事件。

でもなあ•••いつも思うんですが•••。

覚せい剤事件がいつも報道されると私、思うんですよ。

俺なんか自宅帰りに寄るスーパーで213円のプチケーキを「高いなあ」と思い、いつも98円のロールケーキで我慢している身でしてねえ。

それなのに

「いいなあ•••覚せい剤が買えるほどの金持ちなんだなあ•••。」

と。

ああ•••言ってしまった( ;´Д`)。

こういうことを言うコメンテイターなんてどこのテレビ局にはいないですよね( ´ ▽ ` )ノ。

言ったら大問題。完全に以後テレビに出られなくなってしまう(笑)

でも、とにかくこういう事件があるとみんな一斉に容疑者をバッシングにかかる。

でもなあ•••ついこの間までテレビに出演していた人なんだよなあ。

疑惑が随分前からあったに関わらず、なんでテレビ局も出していたんだろう?

なんか都合良くないかな?

そうでなくても、私自身は、いろいろと清原選手の裏事情を考えると「かわいそうな人だなあ」と、ある程度同情しちゃうんですがね。

まあ、続きはまた書きますが•••。

私が一番言いたいのは•••。

•••覚せい剤やってみてえ•••。

•••じゃなくてε-(´∀`; )

最終的には憲法問題とファシストについてなんです。

なんで今までの話とそれが関係するのか?
わっかるかな?わかんねんだろうなあ。

まあ前置きは長くなりましたが( ;´Д`)。

特に•••ヒットラー時代のファシスト政権についてです。

また次回、書きます。

 

 

2015.2.4