自分に負けたら、ジ、エンド

 

そういえば、教室の生徒たちから色々聞かれた時には答えていたんですが•••実は以前習っていたX語講座。あれね•••(汗)脱落いたしました( ;´Д`)

いやあ、マジで難しかった。

まあそのことは後で話しますが•••。

現在はその代わりに同じ大学校舎内の英会話クラスに通っています。

こちらの方はなんとか続いており、多分今後も続けるかなとは思います。

まあ確かに新しい言語よりかは、若い頃やっていた言語の方が確かに楽ですな( ;´Д`)。

ただまあ•••楽とかというよりは、実際海外に行くと痛感するんですが、とにかく英語はできないと、もうほんと、困ります。

というより•••海外では英語は話せて当たり前という感じがあります。

当然、X国講習内はもちろん、国際列車内やデパート、空港内はもう当然のごとく、共通語は英語です。

しかも、連中のスピーキングスピード、あれ、ハンパないっす(ー ー;)

マジでこういうスピードで全員話してくる(ー ー;)

でもまあ、人間って不思議なもんで、英会話クラスは半年を過ぎましたが、だいぶこのスピードでも慣れてきましたよ。

なんたって、教室では先生、日本語話してくれませんから( ;´Д`)

加えて、積極的に英語は自分でも勉強するよう、心がけています。

例えばニュースはなるべく

http://www.japantoday.com/

で見るようにしています。当然、正直読むのがすんごい面倒で億劫なんですが(汗)。

おかげで最近日本で起こっているニュースにはホント、疎いです(笑)

加えて•••

実は私の教室のHPは実はパソコンの関係上、現在はsoftpressというイギリスの会社のソフトを使っています。

というより使わざるを得なくなったというか•••(汗)

もともとはちゃんと日本の代理店が代表で日本語翻訳のソフトを売っていたんですが、どういうわけか2年前から代理店が引き上げちゃいまして(汗)

結局今ではソフトに関してのカスタマーサポートは全部、マジでイギリス本社とコンタクトを取らざるを得ない状況(ー ー;)

ソフトのマニュアルも•••当然オール英語でして•••汗。

いやマジで鍛えざるを得ない状況。

でもね•••これが今の国際常識なんですよ。

英語ができないっていうのは正直国際的には「落ちこぼれ」です。

さて•••例のX語講座ですが•••。

いやあ、とにかく、大変でした。

何が大変って•••。

まあ確かに文法も難しいんですが•••加えてX語の先生が、すんごく変わった先生だった。( ´ ▽ ` )ノ

なんていうか•••正直教え方が下手でしたよ(汗)

先生自身は正直日本語ぺらぺらだし、元々専門にしていたる教科は数学なので、本来はすごいエリートなんだろうと思います。

その、先生がエリートすぎたからなのか?頭が良すぎるからなのか?

いやとにかく、ついていくのが東大生並みの頭脳回転が必要でして•••汗。

あんまり詳しく説明してくれないんですよ。これが(汗)。
いやあ、この先生、まずいんじゃないのかなあ•••と思っていたら、案の定、先生が「実は今、大学の授業内容で生徒達と揉めている」と。

話を聞けば、やっぱり先生の指導内容に生徒達が納得いかないと•••。

なんでもボイコット騒ぎがあって、問題になったと言っていました。

いやあ、そりゃあれじゃなあ•••という感じは私もあったんですが•••。

このX語講座が一応全行程が終了した後、先生を除いた受講生達で、喫茶店に入ってみんなでお話をしたわけです。

みんな先生の話になると、さすがに「あの先生はやばい•笑」という話になりまして•••。

みんな私と同じように感じていたようでしたが、ただまあ•••同じようにみんなあの先生のことは気に入っていたようでした。

なんていうか•••人柄なんでしょうね。

説明は下手だし、突然レベルが高くなるし、時々怒るし( ;´Д`)なんですが•••。

でもですね•••ある生徒が「でも自分がX語ができなかったのはあの先生のせいじゃなくて自分のせいなんですよね」

と言ったら•••みんな全員頷いていました。

そう•••自分もX語講座をギブアップしたのは•••先生のせいじゃなくて•••自分に負けたから。

人は何かとギブアップした理由を他に求めたがる。

そうやって自分は何も悪くないと結論をつけたがる。

そうすれば自分は気分的に楽なわけだ。

でもそうやっている人はいつまでたっても、何も習得はできない。何も進歩しない。

はい•••私もX語に関しては何も習得できませんでした( ;´Д`)

今や、受験関係はなんでも塾や予備校などが完全なカリキュラムで生徒を合格まで導くと言われている。

それはそれで立派なことなのだが、一方で塾関係者は、「いや、この処方では正直、生徒達の実力はつかないんですよ。高校受験はそれでも受かるんですが、もうこの方法では大学は受からない。」と言っているらしい。

己自身の本当の実力•••つまり開拓力、研究心、探求力、•••加えてその元となるモチベーションというものを持たないと、何も身に付かない。

いやあこれって•••完全にピアノとおなじなんっすよ( ;´Д`)

次回はこの辺りを書きたいと思います。

 

 

2015.12.6

村田ピアノ音楽院

since1996

MENU