1日5分でもいい!まいにち、れんしゅう。

 

どうやったらピアノが上達するかという、答えの中で唯一、最も効果的なものは、これでしょう。

どんな天才でも、毎日必死に練習する人には勝てません。

とにかく、毎日、練習する事は何物にも負けないほどの効果があり、重要です。

逆に言えば、私が今まで見てきた、うまく上達しない生徒のほぼ90%は、これが原因です。

学校の勉強だって、毎日しなければならないのと同じく、ピアノも毎日しなければいけません。

もちろん、その動機付けは大事ではありますが•••しかし、それでも何が何でも毎日練習しなければなりません。

例えば音符(読譜)の勉強は昨日覚えた事は、今日もう一度復習しなければ、必ず忘れます。

そしてもう一度、覚え直すわけですが、1週間も復習しなければ、2週間前に覚えていた音符でさえ、忘れてしまうでしょう。

つまり、以前よりも読譜の実力が下がってしまうわけです。

1日の練習時間は、たとえ5分でもいいのです。正直幼児などはその程度しか持たない事は多いでしょう。

一方、例えば週末に5x7=35分間、練習することは、毎日5分練習することと同じなのではないかと思うかもしれませんが、これは正直、効果ゼロです。

単純に1週間前の時の実力をさらに下がる事を防止するだけで、何一つ進歩はあり得ません。

もちろん、ここで練習をしなければ、さらに音符が読めなくなるように実力が下降していく事は避けられません。

逆に、意外と着実に伸びている生徒のほとんどは、どうやら自宅では、毎日ではあるものの、あまり集中してはいないような感じの練習でしかない人もいましたが、それでも堅実に伸びていました。

実際、必死に毎日練習している生徒は、小学校低学年ならば信じられないぐらいの劇的な成長があるはずです。

時間も長ければいいということではなく、集中した時間を毎日練習することは、当たり前なことなのですが、非常に重要です。

 

 

2016.4.16

村田ピアノ音楽院

since1996

MENU