スタート適齢年齢は?

 

 

子供のピアノ習いスタート適齢年齢は•••

ズバリ! 年長、プラスマイナス1年間です。

年齢で答えるのはやや難しいです。なぜなら、各生徒の誕生日は私はすべて把握していません。

漠然とした年齢でいうならば、範囲は年中〜小学1年の間でベストスタート時期は年長の春だと思っています。

よく4歳児からが良いのでは、という考えがありますが、4歳児の場合は頭脳的、精神年齢的、身体年齢的にもまだ早いと感じることが私には多く感じます。

ド、レ、ミ。音の順番があるこの内容を理解するだけでも、年齢が幼いと、頭脳的に理解できないことも多い。

また、理解できても指が弱いと、鍵盤を1、2、3、4、の指を使って動かすこともままならない。

また、精神年齢が幼いと母親がいつもそばにいないと不安になってレッスンどころではなくなる。このような状況から、私の場合は早くても年中からが良いと感じています。

もちろん中には精神年齢的に4歳でも大丈夫なこともあり、この辺りは最終的には個人差があるかもしれません。

某最大音楽教室では0歳から指導をしており、早い段階で教育をしなければ、身につかないことが多いと、説くところもありますが、どう考えても何ら根拠はないと考えています。

果たして0歳〜3歳で歌を歌わせることはできても、”教育”ということができるのか?疑問ではあります。

逆に、小学2年生からでも始めるのはなんら問題は一応ないのですが、一般的に中学生になると部活等でピアノをやめるか、停滞気味になる生徒は多い。

また近年では高学年になると中学受験の勉強に入る生徒もおり、そういう意味では低学年の間にピアノの読譜等の習得をある程度まで済ませたいところでもあります。

そういう意味では遅いスタートは以後、なんらかの弊害に関係してくることもあります。

ピアノは一旦中学生で辞めたとしても大人になってから再開する人も多く、また子供の頃に習得していたことはなかなか忘れないことも多いので、やはり年長プラスマイナス1年間の間のスタートが望ましいと考えています。

 

 

 

 

2016.07.24

村田ピアノ音楽院

since1996

一覧表