暗譜法、演奏時聴力、本番脱力、音楽性養成、すべての集中力スキルアップ法。

〜あなたは本番だから緊張してうまくいかないと思っていませんか?〜

 

舞台での本番というものは、おおよそ、日常生活では体験出来ない精神状態になるものです。この時、人はおおよそ普段とはかけ離れた状態になりやすいものです。

そのすべてが緊張してしまう事から来ているのですが、その緊張が引き起こす現象が、ピアノ弾きを悩ませる種となっています。

しかし、それらは実はなるべくしてなってしまったのであり、決して緊張しているから上手くいかなかったわけではないのです。

逆にいえば、本番こそ、あなたの本当の悪い部分が全部出てしまうのです。

これは別の言い方をすれば、本番の時の失敗の原因を研究すれば、あなたの演奏の欠点を克服出来る可能性が,かなり大きいなのです。

ぜひ、本番の時の失敗をじっくり研究して、次の本番の時に生かして下さい。

 

 

  1. あなたは本当に暗譜が出来ているのか?
  2. あなたは本当に自分の音を聴いているのか!
  3. あなたは本当に脱力が本番の時にできているのか!
  4. あなたの演奏は指揮者のいない楽団のようなものではないか!
  5. 結局は場数経験も大事な対策です。
  6. 場数経験という対策の裏にある隠された鍵・・・「集中力」
  7. あなたは実は曲が仕上がっていないのでは?
  8. 練習とは、暗譜、脱力、音楽性すべてにおいての集中力の総動員である!
  9. 演奏中の感情過多はいけない!
  10. 楽しみだけで音楽を鑑賞するのはもったいない!?
  11. 積極的に録音機器を使うべし〜自分の先生は自分の耳と録音機器である〜
  12. 発表会でもらうDVDは古き良き思い出の記念品にあらず。
  13. あなたが上手くなれるかどうかは遅いスピードで練習できるかにかかっている。new

村田ピアノ音楽院

since1996

MENU