ステップ4

さて、ここではその指の先端にかかる重さの調整を練習します。

ピアノを弾いている時には、その重さを自分で調整する事により、ppp〜fffを作り出します。

まず最初に料理などで使う量りで練習するとよいです。

指を量りに載せてそのまま重さをかけていきます。

計量器の量りに指を載せたら少しずつ重さをかけていきます。そして重さをすべてかけた時に,だいたい1kgまでは量りの針が行くと思います。(腕の細い女性の場合は500gしかないときもあります)

このときが腕の重さを最大限掛けている時です。(ffの音で且つ、異常に速い音で弾く場合はここまで掛ける事はありますが,普段はここまで掛ける事はないと思います))

そこから重さをゆっくり減らしていって、最後は完全に針がゼロになる状態にまでもっていってみましょう。

この,最大の重さをかけている時から”0”になるまでの間の重量を自由自在に調節しながら弾くのが”重量奏法”です。

 

 

 

ステップ5

もし,小さい音で弾きたい場合はこのようにどの指で弾いても100g程度の重さをキープして弾く事になります。

このとき,量りの針が一定になっていない場合は音量も一定になっていない可能性があります。17

 

 

 

ステップ6

大きい音の場合は300〜500gを掛ける事になると思います。16

 

 

 

ステップ7

これは悪い例です。つまり重さがかかっていないで指の力のみで弾いている。計量器の針が毎回”0”になっているので重さがずっとかかっていない。

実際ピアノを弾いている時でも、レガート奏法になっていない。17

このように、実際にピアノを弾く前に,計量器などで重さを掛ける練習をお勧めします。

次は実際に鍵盤での奏法です。

 

 

ステップ8

次に、鍵盤にそっと指をおろして下さい。鍵盤のキーを押し始めたら、ゆっくりと、腕の重さをかけていきましょう。鍵盤が下がり始め、そして一番下まで鍵盤が押されて、床につくはずですね。

さらにそこから!腕の重さをどんどんかけて、完璧に腕の重さを100%かけるまで行きましょう!

おそらく指先が真っ白になるまでです。

そこまでいったら、今度は重さをゆっくり浮かし始めて下さい。

だんだん重さを浮かしはじめると、キーへの圧力がどんどん減り、しまいには、鍵盤が浮き始め、そして、とうとう、鍵盤が、完全に押し戻されるでしょう。

この鍵盤が浮き始める状態から、鍵盤が、完全に押し戻された状態は、実は腕の重さがかかっていない状態です。

逆に、この鍵盤を底まで押し下げた状態から、鍵盤が浮かない状態の間でピアノを弾くのが重量奏法です。この間でピアノを弾くと、ppp〜fffが無限に作れます。

ここの段階ではまだ音を出してはいませんが、鍵盤に幅の広い重さを掛ける事が一番大事なので、この圧力の調整をよく練習してみて下さい!

 

 

315

ステップ9

ここで大事な事を述べます!

ステップ7でも載せた様に、重さがかかっていない場合は,鍵盤が浮いた状態,つまりこの様に音が切れる状態で弾いていると思います。

 

 

 

 

前に戻る  次のページ

 

 

テクニック早わかりスピード講座

講座導入

講座2 鍵盤を弾く前に

講座3 量りを使って

講座4 スケール奏法

講座5 スケール〜アルペジオ奏法

講座6 オクターブその他

 

なお、こちらには早わかりスピード講座第2章も作成中です。

ご覧ください。

村田ピアノ音楽院

since1996

MENU