オクターブの奏法はこのような手の甲が出たフォームで弾くのが一番無理な力を使わずにいいのです。

 

 

 

このフォームは多分に世間的には多いフォームだと思いますが、このフォ

 

 

 

 

オクターブの弾き方

親指と小指の第3関節は常に出ていなければいけません。

なお、タッチは重さを下にかける方法と、押すタッチの両方があります。

押すタッチは連打では使えませんがわずかな力で大きい音を単音で出す場合は押すタッチの方が向いています。

オクターブ奏法に限らず、女性の様な非力な方が少ないパワーで大きい音を得るには、この押すタッチが向いています。

 

科学的検証 

  1. ピアノの音量は本当は重さではなく鍵盤の速さで音量が決まるのです!
  2. 鍵盤は僅か50gの重さで沈むので、それ以上重さを掛けるのは無意味のようですが・・・
  3. ピアノを弾く手にはテクニック的に向いている,向いていない手がある

 

 

 

前に戻る

 

 

さらにこちらに新しい重量奏法のコーナーを設けました。(作成中)

 

テクニック早わかりスピード講座

講座導入

講座2 鍵盤を弾く前に

講座3 量りを使って

講座4 スケール奏法

講座5 スケール〜アルペジオ奏法

講座6 オクターブその他

村田ピアノ音楽院

since1996

MENU